96:移住先を決める時に考えた方がいいこと。

こんにちは。

ちょっとサボってしまいましたね。

大阪のがれき焼却以来、全体的にテンションが下がっていました。

結構、空気が悪いので、防御のためにいろいろ大変です。

もっと楽しくブログを書いていくはずだったのに、こういう深刻な問題が出てきてしまったせいで、深刻風のブログになっていて、はなはだ不本意です。

早く、この状況が終わってくれますように。

有害な農薬を散布したものを「燃やす」というのが、どのくらい恐ろしいことなのか、大阪市の皆さんには、一日も早く気づいてほしいです。

さて、2月の最終日です。

明日から、3月ですね。 (えっ、明日から3月!おひな様だそう!

移住する方は、もうどうしたって、この時期には行動しないといけませんね。

それで、一つ、原点に還ったお話を書きます。

           
移住したものの、移住先になじめなかったり、さまざま問題が起こったりして、関東に舞い戻るというケースを聞きます。

これは、「ともかく関東脱出!」と、急いで移住した場合に起こっていることだと思います。

自分が住み慣れた土地を離れて、別の場所に住むのだから、自分の好み、感性に合った場所をみつけることが、大切です。

それには、まず気候ですよね。

東京は、夏も冬もさほど厳しいわけではなく、極寒にも猛暑にもさらされずに暮らせますね。

そこから遠くへ移住するとなると、当然、すごい寒さとか暑さとか、大雪とか台風とか、これまで経験したこともなかった自然環境の中で、生活していかなくてはならないことも起きてきます。

その自然環境が、自分に耐えられるかどうか、というのはとても大事です。

寒さには強いけど、暑さは弱い人とか。

逆に、寒さにはめっぽう弱いけど、暑さには耐えられるとか。

これまでの生活とは違う生活をしていく時に、自分の体質や、体力、好みなんかは、重要視すべきだと思います。

自然が美しくて、食べ物も安全で、家賃も安くて最高の場所があったとしても、
自分の体力や体質の受容レベルを超えていると、移住がつらいものになってしまいます。

それは、環境のいい沖縄や、北海道への移住を実際にしてみることを考えると、想像がつきます。

その暑さや、経験したことのない寒さに、耐えられるのか。

旅行ではなく、そこに毎日暮らすわけなので、自分が普通に生活できる自然環境の土地を選ぶ、というのは、とても大事だと思います。

それから、次に、考えた方がいいのは、県民性です。

県民性というのは、厳密にではないけれど、確かにあります。

それは、たとえば、一年の半分近くを雪の中で耐えて暮らす地方の人たちは、その環境に適応するために、何百年もの間に、DNAが変化して自然の厳しさに文句を言うのではなく、耐える、という性質が強くなっているでしょう。

自然環境の厳しくないところで暮らしている人たちは、人間の力で、周りの環境も制御できると考えて過ごしてきているので、自分が耐えるよりは、自然への働きかけで、環境を変えようと考えるでしょう。

暑さの厳しい地方で暮らしている人たちは、体力の消耗をふせぐために、のんびり行こう、という性質が強くなるでしょう。

そういう一人一人の性格が、地域ごとに共通点を持つので、それが、県民性というような形になって感じられると思います。

県民性がまとまっているサイト。

おもしろ県民性データブック



自分が、どこの県民性になら適応できそうか、というのを考えて、移住先を選ぶのが、移住を成功させるポイントだと思います。

最後に、言葉の問題です。

あったかい感じの言葉や、きつい感じの言葉。

はっきり考えを伝えるか、真意を読み取るのが難しいような言葉。

それは、明らかに各地の方言によって違いがありますね。

それぞれの土地には、いい人もいるし、そうでない人もいる。

言われた言葉のニュアンスのせいで、いちいち傷つく、ということもありますね。

言葉は、県民性とも近いものがあると思います。

あの地方の言葉は、好きだなあ、と思う土地では、比較的うまくいくだろうと思います。

ハナから、「◯◯弁は、どうしても苦手」という人には、その土地での生活に慣れるのは時間がかかると思います。

感性の話ですけれどね。

でも、そこは大事です。

人とのふれあいの中で、「ここに引越してきてよかったなあ」と思えるのか、「ここへ越してきてつらい」と思うかで、人生は大きく変わってしまいます。

そんなわけで、移住先を決める時には、ぜひとも、「自分」は、その土地に馴染めそうか。
と、考えて下さいね。

たとえ、寒くても自然環境が厳しくても、ウインタースポーツが大好きな人なら、そこは最高な土地になるわけですよね。

つまりは、環境のデメリットがあったとしても、自分にとってのメリットがあれば、そこは自分にとって「いい場所」になるわけです。

そんなふうに、ぜひ、自分にぴったりの移住先を見つけてほしいなと思っています。

「自然環境」「県民性」「言葉」「得意分野」です。

がんばって下さいね。

          

「お茶がらでお掃除!」のところでも書いたように、お茶がらのお掃除はとてもうまくいっています。

ただし、カーペットの上はダメなので、ヨドバシで試してみて使い心地のよかったティファールの掃除機を買うことにしました。

これ

T-fal エアフォースコンパクト

同じ商品なのに、価格が11,180円から22,297円までって、すごい差がありますね。

新製品と旧型かなと思って、メーカーサイトを見ても型番も同じ。

ヨドバシでも19,000円くらいでした。

前、使っていたエレクトララックスのエルゴラピッドより、吸塵力と、部屋の隅への届き具体が気持ちいい感じがした。

使ってみたら、またレポートしますね。

というわけで、明日から3月です。

みんなが幸せに暮らせますように!

   ザク美。

        
0
    ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    profilephoto 書いた記事数:146 最後に更新した日:2016/01/08

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      ザク美。
    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      しげ
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ザク美。
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ノリコ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    Twitter

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    QLOOKアクセス解析