123:移住のこと(2)住まい探し

こんにちは。 

もう、今年もあと二週間になってしまいました。

この一年、特に素晴らしいことをしたわけではないけど、とりあえず健康で年の瀬を迎えている、というところが一番大事かなと思っています。

東京から関西へ移住を予定されている、れおさんという方から、住居の保証金などについてご質問をいただいたので、私の感じているところを書きますね。

私が、関西に移住する際にしたのは、

1:ネットで住みたい地域の物件を調べまくる

2:ここはいいな、と思ったところへ、メールで問い合わせを送る

3:何軒かの不動産屋さんに送ったけれど、なしのつぶてだったところもある。→親切に返事をくれた不動産屋さんと対応。

4:その不動産屋さんのお兄さん、中村さん  が、すごい親切で明るくて、すぐに電話かけてきてくれて、希望する物件の写真を撮りに行ってくれて、そのあとも何度もメールで相談。

5:私の場合、猫飼育可、という条件が絶対だったのと、楽器可という条件も必要だったので、その線で探してもらう。

6:その際に、東京から友達などが来ても泊まれるように、一部屋余裕のある物件を選んだ。

7:事前には現地に行かずに、写真とメールと電話で、ここにしようと決めた段階で一度行って、内部を見せてもらって、その日に契約。

8:契約後、すぐには引っ越せなかったので、月に一週間程度滞在するという生活を約半年。

9:往復の移動はもっぱら夜行バス。  

10:夜行バスの発着点も、京都、大阪、神戸など、行き帰りに観光もできるようにいろいろ組んだ。 

11: 契約した住居は、駅から徒歩1分、明るい商業地域を抜けてすぐの、大きな道路に面したマンションの4階。

12: 中村さんのいる不動産屋さんの隣りの隣りのビル。

だいたい、こんな経緯です。

このうち、私が失敗したのは、契約前に何度も通うのが大変だったので、写真と電話とファックス、メールだけでほぼ決めた点。

契約の日には、建物内部を見せてもらって、確認してから契約したのですが、その時点ではほぼ契約するつもりで行ったので、現地を見るのは、形式的なものだったと思います。

実際に住んでみて、これはきついな、と思ったのは道路の排気ガス。

私はこれまで、大きい道路沿いというのに、住んだことがなかったので、大阪の幹線道路沿いの排気ガスがどのくらいか知らなかった。というか、想像できなかった。

その場所を選んだのは、人通りも多く、夜も明るいというのが大きな理由なので、もっと駅から離れた住宅街に行けば、空気も問題なかったはず。

当初は、空気の悪さに思いが至らなかったので、そういう便利、治安上の安全、という方を取った。

でも、住んでみたら、排気ガスというのは、上へ昇るらしく、道路を歩いていて気にならなかった排気ガスが窓から入ってくるのが、生活に支障を来すレベルだった。

洗濯物をベランダに干すと、排気ガスの臭いになってしまうし、寝ていても、隙間から排気ガスが入ってくるし。

そんなわけで、買い物にも便利、夜道も怖くない、駅から1分の住居だったんだけど、住み始めてすぐに、ここには住み続けられないと感じて、次の物件探しを始めた。

というわけなので、正直、初めに払った保証金、礼金などなどは、かなり損した。 

それで、教訓。

東京にいて、ネットや電話だけで、理想の住まいを見つけるのは、まず無理
  という前提で探した方がいい。

というわけで、前に26:プレ移住のおすすめで書いた保証金のない物件を探そう、という話になります。

今、久しぶりにこの記事↑ を読んで思い出したけど、関西は、2年ごとの更新料がないかわりに、入居時の保証金が高いんですよね。

だから、ほんとに周辺の事情もよくわからないで高額な保証金を払って入居するのは、リスクが高すぎる と思います。

引っ越し代金は、関西内なら、何十万かかるというものでもないと思うど、保証金は、30万から80万くらいまで、全体的に高額な設定なので、高額な保証金を捨てるよりは、まずは、費用の安いところ引っ越して、こちらへ来てから腰を据えて、物件探しをする、というのが賢いと思います。

久しぶりにSUUMOくん登場。

敷金・礼金・保証金ゼロの賃貸物件特集

ゼロと言わないまでも、せめて保証金が安い物件。

敷金・礼金・保証金10万円以下の賃貸物件特集

もちろん、保証金なしでそんなにいい物件があるわけないので、多少の保証金を払うのは、仕方ないとしても、ここで決めた!というような決め方をしない方がいいだろうと思います。

1)耐えられるギリギリくらいの初期費用の物件をまず借りて、引っ越してくる。 

2)そこで、腰を落ち着けて、一年ぐらいの間に自分の納得のいく住まいを借りる。 


  という方法がベストかなと思います。

基本的に、東京に比べると駅から少し離れたところの夜道は暗いです。

そういう意味でも、慣れるまでは駅の近く、明るいところ、の方がいいと思います。

その街に住んで、いろんなことがわかってくれば、対応できることもいっぱい出てくると思うのだけど、東京からいきなりあまりにも住環境の違うところに越してくると、適応するのが難しくて、移住自体がうまくいかなくなったりすると困ります。

☆初期費用は、できるだけ抑える。

☆引っ越してきてから、ゆっくりと自分にあった地域、住まいを探す。

この2点をお勧めします。


いろいろ遊べるSUUMO君サイト



あとは、同じ物件でも、数社の不動産屋さんが扱っていることが多く、保証金、家賃なども、不動産屋さんによってかなり違うので、いくつかの不動産検索サイトを使って、各不動産屋さんがどんな価格設定をしているか見た方がいい。
その違いが、不動産屋さんの取り分なんだろうけどね。

れおさんの関西移住がうまくいくといいね。

ザク美。






 
        
0
    ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

    コメント
    コメントする








       

    profile

    profilephoto 書いた記事数:146 最後に更新した日:2016/01/08

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      ザク美。
    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      しげ
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ザク美。
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ノリコ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    Twitter

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    QLOOKアクセス解析