131:宙組 ベルサイユのばら

こんにちは。

阪急交通社貸切公演、宝塚歌劇団宙組 「ベルサイユのばら オスカル編」 を見てきました。



宙組を見たのは、昨年の「風と共に去りぬ」以来、2回目です。

現在の宙組のトップスターは、凰稀かなめさん。(おおきかなめさん)

普段は、男役のかなめさんですが、それが今回は、オスカル  です。

(前回は、彼女はレットバトラーを演じたの。この人)
    ↓

   iPhoneImage.png

ベルばらと言えば、もちろん宝塚の最強のドル箱作品であり、1974年の初演以来、なんと450万人もの観客を動員している作品。

宝塚99周年の昨年には、月組「オスカルとアンドレ編」と雪組「フェルゼン編」、100周年の今年3月には、雪組全国公演「オスカルとアンドレ編」と、手を替え品を替え、何度も何度も上演されているばかりでなく、このあとも、6月から名古屋で花組の「フェルゼンとマリーアントワネット編」、8月には宙組全国ツアー「フェルゼンとマリー・アントワネット編」そして来年には、花組「フェルゼンとマリー・アントワネット編」で台湾公演!・・と、果てしなくこれでもか的に繰り出されている驚異的な演目なのであります。

そんなわけで、今年お正月が明けて、レオンちゃんの星組 ナポレオンのあと、花組蘭寿さん退団公演「ラストタイクーン」のあとの宙組の演目が、かなめさんオスカルのベルばらと発表された時、多くのファンが「またベルばら!」と、深いためいきをついたにに違いない・・という状況がありました。

そんなわけなので、阪急電車沿線を、かなめさんオスカルのどアップポスターが飾ろうとも、「もう、ベルばらはいいよ・・」と思ったのは事実であります。

とはいえ、阪急交通社の貸切公演は、B席ペアチケットが6300円で、一人3150円で見られるので、一応、どんなものか、チケットを買っておいたのでした。 

そしたらね。

びっくりしましたよ。

かなめさんオスカルには。


泣かされましたよ、まなとさんアンドレには。

いやあ。

まさか、ベルばらで、ほんとに涙があふれるとは思わなかった。

もう、知りすぎているセリフと、知りすぎているシーンが、毎回繰り返されるのを、いろんな映像で見てきたから。

そしたらね、かなめさんがね。 

真剣勝負のオスカルを演じていた。

本当にびっくりした。



オスカルが本当にいたとしたら、こんな人だったんじゃないだろうか、と思えた。

強い。

剣が強いというのは、これまでは芝居上のお約束で、台本上、オスカルが勝ちます、
というような感じだった。

ところが、かなめオスカルと来たら、ほんとに強い。

この人なら、衛兵隊の荒くれたちと張り合っても負けない、というのがわかった。

すごい迫力なんだよ。  

それに負けないだけの、緒月遠麻さんのアランもすごかったし、朝夏まなとさんのアンドレも、ほんとに平民の苦しみを知っている人だ、と感じた。

何度も何度も再生されて、聞き古されていたアンドレのセリフが、命を絞り出すようにまなとさんアンドレから発せられた時、アンドレとオスカルの物語が、信じられないほどの実在感を持ってしまった。 
 
      《まなとさんアンドレ》
     

本当に驚いた。

これの秘密は何かと言うと、終演後のインタビューで、かなめさんが語っていたことに尽きると思う。

つまり、ベルばらは、歌舞伎のような型芝居だと言われてきた。けれどそれは、深い感情の動きがあって、初めて出てくる型なのだということ。

かなめさんは、型としての芝居をする前に、感情をほとばしらせたオスカルを演じた。その結果、その型としてのセリフ、芝居が、初めて真実となった。

これには、本当に学ばされた。

一回一回の舞台に、あれほどまでにエネルギーを注いでいては、一日2回公演、これを毎日なんて、無理じゃないかと思うくらい、一度の舞台に、全身全霊をぶつけているように見えた。
その姿に、打たれた。

かなめさんの演技にかける真剣さ。

それにぶつかっていく、緒月さん、まなとさんの真剣さ。

そういう一人一人の真剣さが、見事に結実した舞台だった。   

凰稀かなめさんは、本当に素晴らしいと思った。

前回、レット・バトラーやった人なんだよ。

それが、

「ああ、本当のオスカルって、こんな人だったのかもしれない!」

と、観客に思わせてしまうような演技ができる。

彼女の仕事に取り組む真剣さに、心から賛辞を送ります。

宙組は、ほんとにいい組になってるなあ。

阪急交通社貸切公演、現在のチケット状況。

東京のベルばらは、もう高いチケットしかないけど、次の宝塚大劇場の雪組壮一帆さん退団公演のB席ペアチケットはまだあります。
阪急交通社貸切公演は、ほんとにお得です。今年は特に100周年なので、司会者にすごいビッグ・スターが来てくれる。
↓  ↓


前回の花組公演では、元花組の愛音羽麗さん、今回の宙組公演では、先日退団されたばかりの悠未ひろさんが、司会と抽選会、終演後のトップスターインタビューをしてくれました。

宝塚に興味あるけど、チケット取りにくいし、と思ってる方は、まず阪急交通社貸切公演からトライすると確実で、安いのでぜひおすすめします。

     ザク美。




        
0
    ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

    コメント
    コメントする








       

    profile

    profilephoto 書いた記事数:146 最後に更新した日:2016/01/08

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      ザク美。
    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      しげ
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ザク美。
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ノリコ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Twitter

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    QLOOKアクセス解析