50:大阪ガス販売店がファンヒーターを・・

さて。

今日は、大阪ガス販売店(大阪ガスの代理店兼販売店)の方が、ガスファンヒーターを持ってきてくれる日でした。

予定どおり、朝9時過ぎに届きました。

これです。




実は、私は大阪ガスのファンヒーターとは、浅からぬ因縁があり・・。

ちょっと長くなりますが、そこから話を始めますね。

  

去年の夏のことでした。

私は、東京からの移住にそなえて、大阪の住居を借りました。

何度も話しているように、駅から近くで、猫飼育OKの物件が見つかった時点で、契約することにしたのでした。

暑さのさかりでした。

それどころか、大阪の夏は、経験したことのないほどの灼熱でした。 

7月に契約して、7月の後半にいよいよ入居し、電気やガスや水道などの開栓手続きをしました。

電気と水道は、申し込むだけで開通します。

けれども、ガスは指定された業者がやってきて、開栓をします。

その時、来てくれたのが大阪ガスから委託された担当の業者さんでした。

ガスの開栓は、なんなく済みました。

私はまだ、引越してもいなくて、室内は照明もないようなありさま。

近くのホームセンターで天井用のライトを買ってきてあったのだけれど、椅子もないので、設置ができない。

そこへ舞い込んできたのが、大阪ガス販売店のF本さんでした。

私は、F本さんの持ってきた魅力的な脚立 に目をつけました。

「ここに、ちょうど脚立があるようですね」

「はい、なんでしょうか?」(大阪ガス販売店のF本さん)

「いえ、この天井のライトつけたいんですけど、届かないので、もしよかったら脚立を貸していただけたら・・。」

「いいですよ」

そして、私は飛んで火にいるF本さんから脚立を借りた。

ところがうまく付かない。

器具の元の部分からつけるのは初めてだったので。

すると、F本さんが教えてくれた。

「これをまず外して、これを先に付けるんですよ。それから、これをはめれば・・。」

「あ、そうなのか。すみません、つけてもらえますか?」

「あ、いいですよ」

F本さんは、テキパキパキっと、シーリングライトを設置してくれた。

神の降臨。

「あの、これもあるんですけど」

「はあ、いいですよ」

F本さんは、二個目のライトもつけてくれた。

3個めは、F本さんに借りた脚立で、自分で付けた。

F本さんのおかげで、真っ暗だった室内に明かりがともったのだ!

で、そんな恩人のF本さんなのだが、その会話には、こんにちは。を言った当初から、不思議なキーワードが挟まれていた。

「東京からですか。東京は冬は寒いでしょうね」

「えっ? 寒いって・・」

「いやあ、寒いんだろうなあと思って」

「まあ、寒いっていえば寒いかもしれないけど、まあ、普通じゃないですかね」

私はこんなふうに答えた。

天井灯も付いたし、ガスも点くし、F本さんは、すべての作業を終えて、私は認めのハンコを押すだけになった。

「ここに、認め押して下さい」

「はい」

私は、ハンコを押した。

すると、F本さんが言った。

「いやあ、冬は寒いでしょうね

「は?」

大阪もね、冬は寒いですよ

「あ、そ、そうですか・・」

「こんなマンションなんかもね、冷え込みますからね。窓ガラスが冷えて、こう、サーッと冷気がねぇ」

「はあ、そうですね」

そこで、F本さんは、大阪ガスのファンヒーターのパンフレットを取り出した。

今、キャンペーン中なんですけどね

でたー! これだったのか!

「今、うちの方で、キャンペーンっていうことで、3万8000円のところ・・

でました! 3万8千円のファンヒーターが今なら2万9800円とか言うんだろ・・・。 

すると、F本さんは言った。

「ま、代金はあとでいいんですけど、今月中に契約していただいた方には、6800円で

「6800円?」

これにはちょっと動いた。

「いやあ、大阪の冬は寒いですからねえ

「はあ・・。6800円・・。代金は、あとでいいんですか?」

「ええ、届けた時でかまいませんよ」

「そうですか・・。」

エアコンもまだ買ってないし、どうせ何らかの暖房器具は買わなくてはいけないので、大阪ガスのおすすめするガスファンヒーターが6800円なら、買ってもいいかな、と思った。

F本さんのおかげで、3部屋分の明かりが付いただけでなく、付け方も教えてもらったので、この6800円の営業でF本さんが少しでも営業成果があがるのなら、よそで買うよりまあ、いいか。今は契約だけしておいて、代金は、今度届けた時でいいっていうし。

ということで、F本さんから、6800円で、ガスファンヒーターを買うことにしたのです。

F本さんは、とても喜んで、

「これがあれば暖かいですよ、冬も安心ですからね」

まだ、カーテンも買っていない西日のあたるその部屋の温度は、今まさに36度にもなろうとしていたが・・・。

ともあれ、私はF本さんから、大阪ガスのガスファンヒーターを購入した。

その冬、大阪に滞在するたびに、部屋を瞬時に温めてくれるガスファンヒーターと、F本さんの先見性に感謝したことは言うまでもない。

さて、契約書類に私がサインをすると、F本さんが言った。

「それじゃあ、明日でいいですか?」

「は?」

「ファンヒーターのお届けです」

「え、今は契約だけで、届けるのはずっとあとでは?」

「いえ、早い方がいいですからね、明日の何時がいいですか?」

というわけで、ファンヒーターは翌日届き、私はファンヒーターの代金6800円を翌日、現金でF本さんに支払った。

ここまでが、ガスファンヒーター大阪篇。

これが去年の夏のことでした。 

             

さて、こういういきさつがあったので、今回、兵庫県に移住して、大阪ガスの販売店の方がガスの開栓に来る! と聞いて、私が「ガスファンヒーターはもう持ってるぞ!」と自信満々でお迎えしたのは、当然のことと言えるでしょう。

兵庫県の大阪ガス販売店からいらした方は、F本さんとは打って変わって、気の弱そうな、さらに、身体も弱そうな消え入りそうな青年でした。・・

階段を登って二階に来てもらうのも申し訳ないくらいの・・。

この色白の青年を、K上さんとしておきましょう。

ガスの開栓、器具の説明等は、すぐに終わり、恒例のパンフレットが登場しました。

K上さんは言いました。

「それで、今回、開栓していただいたお客様限定で、このガスファンヒーターを、通常、3万3390円のところ・・」

でたー! 来たー! これだー!

私は、K上さんの言葉を遮って、大得意で答えましたね。

「去年、買ったんですよ。大阪で、これと同じやつです!」

けれども、色白のK上さんは、動じることもなく、説明を続けました。

「ええ、今回開栓していただいたお客様に、キャンペーンといたしまして、
この
ガスファンヒーターをプレゼントさせていただきます
 

「ぷ・・プレ・・?」

「はい。当社から、プレゼントさせていただきます

動じるザク美。

「プレゼントって・・な、なんで?」

「はい、新しく、開栓していただいたお客様に、今後も当社の製品をご利用いただけるように、プレゼントです。受け取っていただけますか?」

やられた。

まさか、ガスファンヒーターの無料配布とは!

「プレゼントなんですか。そうですか。ここ、ファンヒーター使えるんですか?」

「はい、こちらに接続できます」

「そうか、使えるのか・・。それじゃあ、せっかくなのでいただきます。」

そして、今日の午前9時、玄関に色白のK上さんが現れて、ガスファンヒーターを届けてくれたのだよ。  

ほら、箱を開けたところ。

新品のガスファンヒーター。





ああ、びっくりした。

おかげで、うちには、大阪ガスのガスファンヒーターが、2台もあるんだよ!





どうだ。


大阪ガス、関電に負けずにぜひがんばって下さい!

冬には、大阪ガスのガスファンヒーターを使わせていただきます☆ 

というわけで、今回の記事タイトル、正しくは

「50:大阪ガス販売店がファンヒーターを、くれた!」

でした。


《大阪ガスからファンヒーターをもらえない関東圏の皆様へ》

東京新聞を定期購読して、防災セットをもらいましょう。

とって応援、東京新聞。プレゼントキャンペーン中!
↓      ↓       ↓

        
0
    ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    profilephoto 書いた記事数:146 最後に更新した日:2016/01/08

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      ザク美。
    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      しげ
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ザク美。
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ノリコ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Twitter

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    QLOOKアクセス解析